--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年02月24日 (木) | Edit |
報告をうけての討論では、それぞれの班からこの間の班活動についてや「私にとっての民青」「仲間をふやしたい思い」などが、生きいきと語られました。

「自分の身近なところに班をつくりたいと、友だちを民青に誘い大学に班を結成。いまは科学的社会主義を学んでいる」(K大学班Rくん)
「一人ひとりの声にこたえて『マスメディアについて』『教育問題』などを学ぶなかで、班員の成長と班員同士の結束がつよまってきた」(広島市中・南区地域班Nくん)
「職場で人が減らされ、休みが減らされることに。みんなに打ち明けたらすごく親身に聞いてくれて『一人じゃないよ』と励ましてくれた。そのことに勇気をもらい、社長と直談判をした。成果にはならなかったがやってよかった」(県委員Yさん)
「3スピで絶対にみんなが自分の話を聞いてくれる。時間がかかってもつまっても聞いてくれる。そのことで自分に自信がもてるし、自己肯定感にもつながっていく」(広島市内学生集合班Aさん)
「班員訪問で3年ぶりに会えた仲間の実態や思いを聞き、彼の誕生日をみんなで祝ったり、彼の好きな映画をみんなでみたりするなかで、班会に毎回来てくれるようになった」(西部地域班Rさん)


などなど、班や一人ひとりの成長や努力をみんなで喜び、学びあいました。


最後に全員一致で代表者会議決議を採択し、田中奏県委員長(再任)をはじめ県役員の選出をおこなって、会議は終了。

参加者からは「人数が増えて新しい話をたくさん聞ける民青(に)」「2人の班員のやりたいことや学びたいことが班活動で実現できるようにする。またこの2人と同世代の新しい仲間を迎えることでより楽しい班会になるようにする」などの感想・決意が語られていました。


110220_daikai02.jpg

▲決議案に賛成する代議員たち


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。