--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年12月30日 (木) | Edit |
こんにちは(*^_^*)

私たちの生活の土台を支え、くらしのあり方を左右する国の予算。
私たちが払う税金がどのように使われるかを決めるものですが、先日、来年度の予算案が決まったそうです。

注目点は、巨額の借金の解決にむけた道すじをつけつつ、いかに国民のくらしを守る財源を生み出すかということですが、政府案の内容をみてみると、まったくその姿勢のかけらもみえてきません(?_?)

昨年度に続き、税収額を上回る国債発行(借金)をするという〝異常事態〟の一方で、大企業だけに利益がある法人税の減税をおこない、軍事費は引き続き約5兆円を計上すると(*_*;

そうかと思えば、大学予算の削減や小学校の少人数学級縮小、年金支給額の削減など教育や福祉の予算がまたしても削られています(`^´)

あげくのはてには、財源が足りないからと2012年度から消費税の増税を実現したいとも…(-_-;)

みなさんはどう思いますか?


日本共産党は、大企業、アメリカ優先という古い枠組みから抜け出してこそ、この行きづまりを打開することができると対案を示しています。

ぜひ、みんなで「税金はどういうことに使ってほしいのか」「借金解決のカギは?」など大いに語りあって、届けていきたいですね(^◇^)

ではまた~(^.^)/~~~


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。