--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年09月22日 (水) | Edit |
今回は、米軍への「思いやり」予算について。

「思いやり」予算とは、日本政府が米軍にたいして支払っている、条約上も負担する何の根拠もないお金のこと。
もちろん、すべて私たちが払った税金です(;一_一)

防衛省の資料によると、今年度までに支払われたその総額が2兆1714億円にのぼることがわかりました。
総額ではなかなかピンときませんが、その内訳をみてみると、最も多いのは米兵の住宅。
これまでに1万1383戸の家が建てられ、その総額が5510億円ですから、1戸あたりの建設費は平均で約4800万円(*_*)

なんという額でしょうか。私たちが夢見るマイホームを考えても、相当いいお家が建ちますよね。
ちなみに水光熱費もすべて「思いやり」予算。クーラーだって、シャワーだってタダで使い放題。
さらに「運動施設」(49カ所)や「宿泊施設」(14棟)など「そんなものまで必要なの?」と思うようなものまで含まれています<`ヘ´>

職と家を奪われて路頭に放り出される派遣労働者、少しでも節約をとクーラーも我慢してすごすお年寄りや学校で猛暑のなか勉強する子どもたちなど、たくさんの日本国民が苦しい生活を強いられている一方で、この優遇ぶり。
しかも、そのすべてが私たちがそんななかで納めた税金ですから、これはホント許せない(`^´)!

日本共産党は、もちろん、ただちにこの米軍への「思いやり予算」は撤廃して、くらしの財源にまわすことを訴えています。
この事実、誰が聞いてもあきらかにおかしいこと! ぜひ、みなさんのまわりにも語りひろげていただけたらと思います\(-o-)/

ではまた来週~(^.^)/~~~
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。