--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年01月14日 (月) | Edit |
今の社会を変えて、国民一人一人が安心して暮らせる日本にするために何が大事でしょうか。
私たちは、次の5つが最も大事だと思います。

1. 消費税増税をさせない
21世紀に入る直前に用意され、その後に始まった新自由主義路線で格差が拡大し、富裕層はますます富み栄え、貧困層はますます落ち込みました。
その結果、所得税と法人税が減って、国の財政赤字は増え続けました。
それを解消するためと称して消費税を増税しようとしていますが、そうしたらかえって税収が落ち込むと見込まれています。
なぜ、最初から失敗すると分かっている政策をすすめるのでしょうか。

2. 貧困を放置しない
年収200万円以下で暮らす人々が1200万人、就学援助を求める子供が150万人もいて、ともに増え続けています。自民党や「維新」は生活保護を削減するつもりなので、大量の貧困層はセーフティネットが弱められる中で、これから大人になり、老いていくわけです。

3. 地震国日本に原発を再稼働させない、新たに作らせない
最近の調査では、日本中に活断層が走っていることがわかっています。
こんな日本列島に原発をたくさん作った自民党が政権に復帰して、原発再稼働や新たな原発をつくろうとしています。
4. TPPに入らない
「アジアの成長を取り込むため」といっていますが、最も成長している中国、インドネシア、インドなどが入らないTPPに参加して、日本の農業と医療保険をアメリカに明け渡すのは理不尽です。

5. 憲法を変えないし、国防軍も作らない
再軍備論者の本音は中国や北朝鮮と戦争をすることではなく、中東でアメリカと一緒に戦争をすることですが、そうなれば軍事費が増え、徴兵制になり、沖縄をはじめとする米軍基地はさらに強化され、若者が人を殺し、殺されます。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。