--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年07月17日 (火) | Edit |
原水爆禁止2012年世界大会の成功をめざす青年たちでつくる「核兵器なくそう広島青年実行委員会」は16日、広島市中区の県民文化センターで「ヒロシマ・ナガサキ原爆と人間」パネルなどを展示する「ピース・フェス2012」を開きました。青年や小さな子どもを連れたファミリーなど、120人をこえる方たちが来場しました。


直径約3センチの円形缶バッジを制作する「ピース・アート」コーナーでは、来場者がそれぞれ平和や脱原発の思いを自由にデザイン。
バッジは1個300円で普及し、世界大会への代表派遣の資金に充てます。

被爆者の証言や「黒い雨」の被害をを聞く会、東日本大震災のボランティア報告会、シンポジウム「私たち、こんな平和活動をやっています」などの企画がありました。


120716_peacefes01.jpg

▲「ピースバッチ」原画展


120716_peacefes02.jpg

▲ワイワイと盛り上がる「みんなでアート」コーナー


120716_peacefes03.jpg

▲「原爆パネル展」


120716_peacefes04.jpg

▲「ボランティア報告会」のひとコマ




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。