--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年06月25日 (月) | Edit |
(前号のつづき)

午後は広島選出の衆参国会議員への要請行動。

民主(8人)、自民(6人)、公明(2人)、無所属(1人)の各党議員に請願署名の紹介議員になるよう要請しました。
全員が秘書対応で、ていねいさの強弱はあるにせよ、全体としては〝実務的に受けとるだけ〟という対応でした。
学生たちの声を聞き、それを政策に反映させるという姿勢はほとんど見られませんでした。

唯一、日本共産党からは佐々木憲昭議員がかけつけ、メンバーらとの懇談と署名の受けとりに応じていただきました。「みなさんのような国民の実態をどんどんうったえていく活動が本当に大事。私たちの質問もこういう声があってこそ迫力も出てくる。いっしょに力をあわせてがんばりましょう」と激励してくれました。

また、文教科学委員の宮本たけし議員の学生の就職活動についての委員会質問をテレビで視聴し、その後、同議員秘書とも懇談。
「自分の思いを代弁してくれた」とメンバーが感動で涙ぐむ場面や「宮本さんのような議員を本当にふやさないといけないと思った」との感想が寄せられるなど、日本共産党の議席の値打ちがあらためて実感できたとりくみにもなりました。

「プロジェクト」のメンバーは、帰ってからさっそく広島市議会への同様の要請行動をおこなうとともに、7月3日に予定している集めた実態の告発とプロジェクトの紹介をかねた記者会見と、国会要請報告会(7月8日)の準備にとりかかっています。


120619_gakupro-yosei02.jpg

▲日本共産党の佐々木憲昭衆議院議員と懇談するメンバーたち



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
(前号のつづき)午後は広島選出の衆参国会議員への要請行動。民主(8人)、自民(6人)、公明(2人)、無所属(1人)の各党議員に請願署名の紹介議員になるよう要請しました。全員が秘書対応で、ていねいさの強弱はあるにせよ、全体としては〝実務的に受けとるだけ〟...
2012/06/26(Tue) 20:26:17 |  まとめwoネタ速neo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。