--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年04月18日 (水) | Edit |
民青広島県委員会は、4月28日~5月4日の日程で被災地ボランティアにとりくみます。
活動場所は、民青中央委員会が開設した宮城県登米市の全国青年ボランティアセンターです。
また福島県でも活動をおこない、放射能被害の実態や被災者の方の声を聞く予定です。

いま、3人の青年が参加を決意していますが、うち一人は大学に貼ってあったチラシをみて、自ら連絡してきた大学一年生です!
(やっぱり宣伝って大事ですね)

彼から寄せられた決意の声をご紹介します。

「僕自身、昨年は大学受験に向けて勉強漬けの毎日を過ごしました。しかし最後まで自分が満足のいく結果がでることはありませんでした。模試の結果に落ち込んで『もう勉強なんてやりたくない』と何度も心が折れそうになりました。そんなときテレビをつけると、そこには前を向いて頑張っている東北の方々がいました。その姿に僕は何度も励まされ、最後まで逃げずに頑張りぬくことができました。そして大学一年生になった今、東北の方々に少しでもあの時の恩返しをしたいと思い参加を決めました。現地では支援に参加させていただけることへの感謝の気持ちを忘れず、主役である被災者の方々のサポートに全力で努めたいと思います。そして自分の持っている力を東北ですべて出し切ってきます」


このまっすぐな思いに感動しますね。
さらにその後も、大学生などから「ボランティアに興味があるんですが…」とのメールが寄せられているそう。

「何か人の役にたちたい」「自分も力になれれば」との思いは、震災から1年経ったいまもなお、青年・学生のなかに広がっているようで、これらの思いにこたえるとりくみが非常にもとめられていますね。

ボランティア派遣カンパも集めていますので、ぜひご協力下さい。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
民青広島県委員会は、4月28日~5月4日の日程で被災地ボランティアにとりくみます。活動場所は、民青中央ランティアセンターです。また福島県でも活動をおこない、放射能被害の実態や被災者の方の声を聞く予定です。いま、3人の青年が参加を決意していますが、うち一人は大...
2012/04/18(Wed) 15:17:00 |  まとめwoネタ速suru

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。