--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年11月04日 (金) | Edit |
全国青年大集会広島ツアー報告の続きです。



集会翌日の24日には、国会・省庁要請行動がおこなわれ、広島からも3人の青年がのこって参加しました。
鳥取のメンバーと一緒に組をつくって地元出身の議員を中心にまわりました。
広島のメンバーは要請書とともに県内で集めた「青年生活実態黒書」も各議員に渡し、自分自身のいまの状況などもぶつけました。
多くの議員が秘書の対応だったなか、自民党の石破議員と日本共産党の宮本議員が控室におり、それぞれ部屋に通してくれました。
石破議員にたいして、参加者の一人が「労働者派遣法についてどう思われますか?」とたずねると、「ライフスタイルは人それぞれ。すべての人を正社員にするのはムリ。大企業に規制をかけてしまったらみんな海外にでていってしまう」などと発言しました。
そのあとに訪れた宮本議員との懇談では、参加者一人ひとりの実態をていねいに聞いてくれたうえに、石破議員とのやりとりも紹介すると「いまは国をあげてみんなで復興のためにがんばるべきとき。国を捨ててでていくなんて許せない」「それに日本の企業は海外にはでていきませんよ。日本ほど大企業にやさしい国はない。ただのおどしです」などと話していました。

参加者たちは、「それぞれが誰の立場にたって政治をしているのかがあきらかだった」「共産党の議員をふやさないといけないと思った」などと感想を話していました。

111023_syukai12.jpg

▲宮本議員といっしょにパチリ


111023_syukai13.jpg

▲要請後の終結集会で発言するSさん



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。