--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年10月31日 (水) | Edit |
民青から通信が届きましたので紹介します



広東地域協議会は10月21日、社会や政治についてざっくばらんに意見を交流しようと「しゃべってウフフ♪まじめにズバッと☆しゃべり場大交流会」を行いました。
当日は高校生を含む8人が参加。


121021_syaberiba.jpg



「政治や社会に対して腹が立っていることや疑問・関心」をテーマにフリップに書いて交流。

「福島の事故が収束していないのに、原発を再稼働するなんてあり得ない」
「マスメディアは真実をちゃんと報道してほしい」
「今でも生活がしんどいのに将来に消費税を上げるなんて信じられない」
「命が大事にされない社会はおかしい」


など、参加者からは怒りや願いが次々とだされました。


その後、政治や社会をどうやって変えていけばいいのかを、大西オサム日本共産党衆院候補を講師にみんなで考え合いました。
参加者からは、

「学校では政治の話がしにくいけど、今日は自分の怒りやおかしいと思うことが言えた」
「みんなの怒りはどれも共感できた。周りの青年もきっと不満や疑問を持ってるから、その声をしっかり聞いて〝一緒に社会を変えよう〟って言えたらいいな」


などの声が出されました。


広東地域協議会ではこれからも月1回のペースで、日本共産党の地区委員会と協力して、学び交流のできる「つどい」を開いていく予定です。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。