--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年01月12日 (木) | Edit |
「成人の日」の9日、広島市会場の広島サンプラザで共産党と民青合同での成人式宣伝をおこないました。
12人が参加し、中原ひろみ広島市議団長など5人がハンドマイクで「若者のみなさんが希望のもてる日本にするために力をあわせよう」とうったえ、ビラ配布と原発撤退署名を集めました。
横断幕やのぼりなどをかかげて元気よくとりくみ、よく目立つ宣伝で、約1時間の宣伝でビラが220枚がはけるなどの大きな反応がありました。
中には「共産党、がんばれー」という声援も。

120109党成人式宣伝DSC_7539


その後、場所をかえ民青がおこなった「新成人アンケート」のとりくみでは9人の新成人と対話。
多くの新成人が、消費税増税に対しては反対の思いを寄せ、原発問題でも「危ないので減らしてほしいがエネルギーは大丈夫か」など真剣に模索している姿があり、中には「東京電力のやり方は許せない。きちんと責任を持って賠償させないといけない」と怒りをあらわにする新成人もいました。
また、「野田さんは何がやりたいのかわからない」「政治家はホント信用できない」などの不信感が多くの新成人から寄せられるとともに、共産党を「支持する」に丸をする新成人も。
「『大企業優先をあらためる』というのがいいですね。大企業からはもっと税金をとらないとダメですよ」と話していました。

また同日には、今年4月に市議選がおこなわれる福山市でも、共産党市会議員団の4人と辻つねお県議(福山市選出)が会場のローズアリーナ前で街頭宣伝をおこないました。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。