--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年07月20日 (水) | Edit |
17日、「核兵器なくそう! 広島青年実行委員会」は、8月におこなわれる原水爆禁止世界大会の成功をめざして、そのプレ企画として「折り鶴宣伝&被爆者訪問」にとりくみました。

「折り鶴宣伝」では、広島市中区の金座街入口で、長机をだすやいなやすぐに中高生を中心に人だかりができるなど、大きな反響がありました。
約50人が折り鶴にメッセージも書きこんでボードに次々と貼っていきました。
メンバーは8月5日の被爆者訪問の案内ビラを配り、核兵器廃絶の署名もあわせて集めました。

お昼をはさんで、後半は「被爆者訪問」。
今回は安佐北区可部にある品窮寺を訪ね、お二方から被爆当時のようすや被爆者手帳の申請をめぐるたたかい、そして、若い人へのメッセージなどのお話をうかがいました。
参加者からは「本当に引き継いでいかないといけない。夏だけのとりくみではなく継続しておこなえるようにしたい」などの決意も寄せられていました。


同実行委員会は、8月5日に全国から青年が集まってとりくまれる被爆者訪問の成功にむけて準備中です。
広島市内数カ所を会場に、青年たちが出向いて被爆者の方のお話を聞く企画。
実行委員会では、その各会場への案内とそこでの進行役を務めるスタッフを募集しています。
ぜひ、興味・関心のある方は、どなたでもけっこうですので、実行委員会までご連絡を。

mail kns.hiroshima@gmail.com


※チラシはこちらからダウンロードしてください。
http://kaeruhiro.web.fc2.com/110805_hibakusya-homon.pdf

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。