--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年06月05日 (日) | Edit |
かえるネットひろしま(日本共産党といっしょに日本をかえるネットワーク)は4日、「とうかさん」でにぎわう広島市中心部で、原発・エネルギー政策についてのシール投票と6月11日の吉井講演会の宣伝、また、「原発からの撤退を求める署名」活動をおこないました。

5人が参加し、約40分の行動で31人と対話、11筆の署名が集まりました。
シール投票では約8割が「原発は縮減・廃止」に貼り、9割以上が「自然エネルギーを中心にすべき」とこたえました。


110604_senden01.jpg



島根県松江市の出身で近畿大学工学部2年の男子は、「島根原発がすぐ近くにあり不安に感じていた。やっぱり危ないし、原発はなくしてほしい」と話し、「廃止」にシールを貼っていました。

また、ゆかたを着た女子高生4人組とも対話に。
署名板を見るやいなや一人の子が、「原発なくそうだって! 絶対いらんし、みんな署名しよーや」と他の3人の手を引いて、署名を書いていく姿もありました。

参加者からは、「中高生たちの反応がとくによかった。難しい話ではなく、『危険だからダメ』とズバリ言いきっていたのが印象的だった」「署名はどんどん集まる感じがする。またやりたい」などの感想が寄せられていました。


110604_senden02.jpg



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。