--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年01月13日 (木) | Edit |
10日「成人の日」、民青同盟が新成人の社会や政治にたいする思いを聞くアンケート活動にとりくみました。
とりくみのようすをブログにアップしましたので、ぜひご覧ください(^^♪

そのなかの一つに、「いまの生活で気になること」という設問があり、すでに働いている新成人の66%が「給料が安い」に丸をつけていたのは印象的でした。
それもそのはず、いま働く人の賃金(年収の平均)がこの12年間で61万円も減っており、主な先進国でこんな事態は日本だけなんだそう。

日本共産党は、なんといってもこの〝賃下げ社会、日本〟をなんとかしないといけない、それを政治の責任ではたすべきだと主張しています=3

具体的には、以下の4つの賃上げ政策をひとまとめにして実現しようと。

①労働者派遣法を抜本改正して非正規社員を正社員にする
②中小企業にきちんと手当てをしながら最低賃金を時給1000円以上に引き上げる
③雇用の7割を抱える中小企業を本格的に支援して大企業の労働者との賃金格差をなくしていく
④日本航空のような無法解雇をやめさせて解雇規制のルールを強化する


みなさんはどう思いますか?

先日のNHKの番組で志位委員長がこのことを語っていますので、興味のある方はぜひご覧ください。
コチラ

ではまた~(^.^)/~~~

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。