--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年11月27日 (土) | Edit |
突然ですがみなさん、「TPP」ってご存知ですか?
最近、テレビでもよく耳にされるかと思うんですけど、今回はこの話題についてです。

「環太平洋連携協定」と言い、要はこの協定に日本が参加するのかどうかで大議論になってるんだそうです。

TPPに参加すると、第3条に「加盟国は…すべての関税を撤廃する」とあるとおり、農水産物などの関税が撤廃されて、日本の食と経済は壊滅的な打撃をうけることに。政府の試算でも食料自給率は40%から13%、国内総生産で8.4兆円減少、雇用も350万人減というとんでもない数字が並んでいます(@_@)

そんな大打撃をうけるのに、なんで参加するという声があるのか――。
ズバリ、ごく一部の輸出大企業がさらに輸出しやすくなりますます〝もうけられる〟からです。
でも、それによって得られるGDPの増加は政府の試算でもわずか0.48~0.65%。
そんな一部のもうけのために私たちの安心・安全な食が奪われていいはずがありません(`^´)!ドン

日本共産党は、TPPへの参加は絶対にダメ、自分の国の食料のあり方はその国で決めるという「食料主権」――関税など国境措置の維持強化、価格保障などの農業政策を自主的に決定する権利を保障する貿易ルールこそが、日本にも、国際社会にも求められている、と主張してます(._.)v

今月19日におこなわれた市田書記局長のこの問題での国会質問は、もっと詳しく、そしてすごくわかりやすく中身が述べられており、必見です。ぜひご覧ください。

では、また次回~(^.^)/~~~


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。