--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年11月26日 (金) | Edit |
101123_matsuri02.jpg

▲「来い来い小池さーん! サイコロトーク」のようす


(前回の続きです)

「来い来い小池さーん! サイコロトーク」では、実行委員会が準備した「子どもの頃の夢といまの夢」「なんで共産党に入ったの?」などと書かれたサイコロを小池さんにふってもらい、出た目の質問についてこたえてもらうという形で進行していきました。

さまざまな質問におもしろく熱く話してもらったのち、何度か目で出た「当たり目」では、マイクが会場にむけられ、参加者からの質問にその場でこたえてもらうということに。
「僕はバスケ部でしたが、小池さんは何か部活には入っていたんですか?」との質問に、「僕は運動といえば、ずっと〝学生運動〟にとりくんでいました。この体型ですから体を動かすほうの運動もしないといけませんね」と答え、会場の笑いを誘ったかと思うと、「国会での裏話を何か教えてください」との質問にも、国会やテレビ討論での裏話(ここでは書けない?)も話していただきました。

「では最後に青年へのメッセージを」とふられた小池さんは、「僕もみなさんくらいの頃に、仲間たちといっしょにいろんなことを学んだり、自治会運動などにとりくんだりと、たくさん語りあいながら活動してきたことがいまの国会での活動や日々の仕事の支えになっています。ぜひみなさんにもそういう仲間をつくっていただきたいし、共産党や民青同盟はそういうことができる場所ですから、まだの方はぜひ仲間になってください」と話し、幕を閉じました。

その後も各ブースとも盛況で、あっという間に15時となり、終了となりました。
参加者からは口々に、「楽しかった」「みんなでとりくめたのがよかった」「たくさんきてくれたうれしかった」などの感想が語られていました。

久しぶりに参加した仲間や県外からやってきてはじめて会えた青年、「こういう活動に興味あります、また来てみたい」と話す学生さんなど、いろんな青年とつながることができ、いろんなつながりが広がったまつりとなったことがなんといってもよかったなーと感じました。

あと黒字がでたこともね


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。