--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年10月27日 (水) | Edit |
24日におこなった「青年のつどい」後編です。

第1部の近松さんを囲んでトーク&ディスカッションを経て、第2部はテーマ別しゃべり場をおこないました。

テーマは「結婚・子育て」「仕事と政治」「若者の言い分」の3つにわかれ、どのグループも時間いっぱいまで、あるグループは熱く、またあるグループはとっくりと、大いに語り合いました。


101024_tudoi03.jpg



「結婚」しゃべり場には、子育て真っ最中のママ、パパたちが集まりました。「夫婦共働きで、夜ごはんがちゃんと作れないのと日曜日も仕事なので家族3人ですごす休みがとれないのが悩み。みんなはどうしてますか?」(31歳、一児のママ)との声や「働きたいけど二人の子どもをあずける保育園に入れない。もう育児ストレスもピーク。一時保育は二人あずけて保育料が1日6300円(高!)でたぶん働いて稼ぐ以上でバカらしいけど、赤字だとしてもあずけたいくらいもう限界」(21歳、二児のママ)など切実な実態も語られました。
「やっぱり政治の責任で保育園の数を増やすことが一番の解決だよね」「それまでにももっとこうやってなんでも話せる場をつくろう」などの意見をみんなで共有しあいました。


「仕事と政治」しゃべり場では、参加者それぞれのこれまでの仕事歴やいまの仕事の実態を交流するところからスタートし、自分たちの働く実態と政治のかかわりや政治をかえるためにはどうしたらいいかなどを交流しました。


101024_tudoi04.jpg



「若者の言い分」しゃべり場でも、さまざまな立場の青年が集まりざっくばらんに交流。「子育てが好きでできるだけ一緒にいたいと思うけど、お金がないから働かないといけない。でも働いても働いてもお金がたりない。お金はいったいどこにあるのかと思っていたら、大企業に貯えがあると聞いて、ホント腹がたった」(23歳、二児のママ)、「実家に帰ったら『なんで早く結婚しないのか』と言われてつらい。若者の苦しみやおかれている状況をもっとわかってほしい」(29歳、男性)などの〝言い分〟がだされました。



つどいを終えた参加者は、「ストレス発散できたかなっ!! 1人1人が色んな事を考えてて良い勉強になった。『しゃべり場』をもっと大きくして色んな人に参加してもらってつながりたい」「いっぱいぐちってちょースッキリ 気持ちを分かってくれる人がいるコトはとてもうれしいなどの感想をよせていました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。