--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年12月31日 (月) | Edit |
2012年も今日で最後。
みなさんにとって、今年はどんな一年だったでしょうか。

社会に目を向ければ、消費税や原発、憲法に、雇用・就職、教育・子育てと、国民生活と若者の将来をめぐるあらゆる問題で、いよいよ正念場となってきています。

自民党は選挙が終わり、「原発の新設・再稼働」「生活保護引き下げ」など次々と暴走をはじめようとしています。
国民の期待をそれなりに受けて誕生した未来の党は、もう分裂し、その期待をさっそく裏切りました。

運動を大きく広げながら、やっぱり共産党がのびる以外に、生活を守り、若者が将来に希望のもてる社会にはできません。


来年は、参議院選挙と広島県内では中間地方選挙が目白押し(北広島町、海田町、廿日市市、大崎上島町、安芸太田町、庄原市、三原市など)の文字通り「選挙の年」。


ぜひ、「どうすれば共産党は前進できるか」「どうすれば若者にウケるか」の知恵も寄せてください。

そして、みんなで大いに行動をしていきましょう。
みんなで集まり、外に出て多くの青年と対話し、仲間にむかえていきたいです!


2012年最後の「かえるネットひろしま」でした。

来年もどうぞよろしくおつきあいください。

良いお年を(^-^)/

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
○○さんへ
○○さん、コメントありがとうございますm(_ _)m
私も○○さんのおっしゃるとおりだと感じます。

いろんな若者がいますから、ひとくくりに語ることは慎重にしなければならないと思いますが、一人ひとりと接する中での実感として、少なくない若者が本当に閉塞感を感じており、明日の生活といったらおおげさですが、少なくとも一年後の自分がどこで何をしているのかはまったくわからないという感覚で日々を生きているんじゃないかと感じます。
そうだとすれば、政治がどっちを向こうがしったこっちゃないという気分にもなりますよね。

いわゆる「勝ち組」の若者たちは若者たちで、「政治なんかに頼らず、自分で切り開くしかないし、俺は自分で切り開いてきたんだ」と、それはそれで政治がどっちを向こうがしったこっちゃないという気分ではないかと。

だからこそ、○○さんがおっしゃっているとおり、まず若者が集まって思いや願いをだしあう機会をあちこちでつくることが必要だと私も思います。
そして、「本当はどうしたいか、どうあってほしいか」「そのために自分たちができることはあるのか、ないのか」などを集まったみんなで大いに語り合うこと。

このかえるネットも、そういう場の一つとしてみんなの役に立てばいいなと思いながら、これからも微力ながらがんばりたいと思っています。

ともにがんばりましょう!

○○さん、不定期で、「かえるマガジン」というメルマガを発行していますので、よかったらメールアドレスも寄せてくださいね。

ではまた(^-^)/

2013/01/05(Sat) 17:53 | URL  | 管理人ひらおお #-[ 編集]
テレビで言われていましたが、やはり若者の関心度が低いということで、どうやら若者に向けての政策が少ないとか、あるいは若者に対しての発信が少ないんでしょうかね?
有権者数や投票者数、投票率を考えても票の数からすれば若者よりは高齢者の方が圧倒的に多いので若者よりは高齢者に向かっての発信の方が多くなってしまうとか何とか・・・
実際のところはよくわかりませんけど、若者は若者の要求や願いを出して立候補者や政党に働きかける、立候補者や政党は若者のニーズや実態をつかんだ政策を掲げ、若者に対して発信していくことが必要かと思います。

若者と言っても様々ですが、それはそれでいろんな思いや願いなどを出し合う機会を作ったりしていくなどの取り組みが必要かと思います。

若者にも政治や法律・制度がいかに生活に深くかかわって身近なものかを知って感じて、まずは関心を持つということから始めることが肝心だと思います。

それでやっとどの候補者や政党がどんなことを言い、どうなのかを比較検討するなどができるんだろうと思います。
2012/12/31(Mon) 21:05 | URL  |  #RuBj8cxQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。